スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HARRIS TWEED
ハリスツィード
今回はこの王冠マークで有名なハリスツィードについてお話をしたいと思います。
ハリスツイードとは、イギリスのスコットランドにあるハリス島で作られるツイードです。
1906年、ストーノウェイの会議で決められた紡績機械を使って作られたツイードを本物のハリスツイードと認め、検査にパスした商品は本物の証明として協会のマークをつけることができます。
ハリス島にはハリスツィードをつくる工場が何社かあります。
【今何社残っているのか知らないのですいません】
要は100年前の作り方を今でも頑な守っているというわけです。
ツィードってゴワゴワしてるので最近の人はあまり着ないのかもしれませんが、
油分をたっぷり含んだ毛を紡いでいるので実際あたたかいんですよ。
時代とともにハリスツィードも変わっていきます。
2000年を前後にライトウェイトと呼ばれるやや軽めのものが、ハリスの中でも主流になります。
フィニッシュといって表面の加工もゴワゴワしたものからふわっと柔らかいものになりました。
要は重たくてガシってした旧来の生地から、イタリア的な柔らかい生地にマイナーチェンジしたんですね。
使われる毛の量も3分の2ぐらいなっているので、コスト的にも抑えられます。
ただぼくは個人的に旧来の無骨な重たいツィードが好きです。
英国の男の歴史を感じさせる生地です。スコットランドの潮風の香りがしそうです。

10年以上前に、ぼくがハリスツィードを扱う代理店で働いていたときの話です。
コムデギャルソンとの商談で、彼らのリクエストがまさにそれでした。
現在のハリスではなく、シャネルツィードの初期のようなものがほしいといわれました。
1950年ぐらいのアーカイブでしょうか?大柄でごっつい生地でした。
ギャルソンがそのぐらいごついツィードをどう料理するのか、個人的にはものすごく見てみたかったのですが
残念ながら会社的にはNGだったので、ハリス島の紡績工場に直接探しにいってもらうことになりました。
もし倉庫の奥に眠っていたら、ギャルソンテイストの面白い服が出来上がったのではないでしょうか?

懐古主義ではなくいいものはいいのである。
時間がいくらったっても本物は残ると信じています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://5261874.blog66.fc2.com/tb.php/125-35cfe609
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。