スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おひさしぶりです    08/06/2009
おひさしぶりです
もう八月ですね。アルケミストととして三年目の夏です。
みなさまいかがおすごしでしょうか?
世の中は不景気で巷でも暗いニュースが多いみたいです。
ぼくの業界は景気の波をもろに受けるので、やっぱりよい話は少ないです。
それでも生きてゆかなくてはいけないので、どうしようこうしようと悩む日々は続きます。
考えていても景気はしょうがないのですが。

今回は長く話します。

去年から東京でも福岡と並行して仕事をしていました。
いわゆるアパレルメーカーから仕事をもらい、工場に入れる企画営業職です。
スーツを作る工場なので、スーツもしくはジャケットの注文をとってまわります。
以前代理店の営業をしていたので、それほど仕事自体は難しくなかったのですが
昨年の景気の急降下以降は受注がとてもシビアになりました。
いままでの高単価スーツは各社とも在庫を残し、期中セールの連発です。
もともとセレクトショップ用にクオリティ重視の生産体制なので、コストを抑えるのも限界があります。
よいものはやはりそれなりの値段がしてしまいます。
中国生産のものに比べるとコスト面では圧倒的に不利ですね。
今、国内大手アパレルメーカーの重衣料(スーツなどのドレスアイテム)チームは価格競争と在庫減らしに必死です。そんな状況なので閉業、倒産する国内の工場が多くなってきました。
悲観的なことばかり書きましたが、自分の契約工場は生き残っています。
技術的なものもありますが、比較的取引先に恵まれていたことも大きいです。
ありがたいことです。

福岡ではALCHEMISTとしてオーダーで一人一人のためにスーツを作っています。既製品として卸もやっていますが、あくまでメインはオーダーです。
ネットや通販では売れない僕自身を売っているのだと思います。
月日を重ねるごとにそのことを忘れがちになっていました。
今よりもっとよいものを作ることを、毎日心がけないといけないです。
新しいデザインや面白い生地などを常に研究していくこと。
会社を辞めて自分でやりたかったのは、やりたいことができなかったからでした。
今ならなにをするのも誰にも許可はいりません。とっても自由ですね。

先日福岡のFUJITOさんというデニムブランドの方に、京都にある某メンズブランドの商品を見せてもらいました。感銘を受けたのがコットンツイードのテーラードジャケットで加工により、くたっとした雰囲気に仕上がっていました。生地と加工のバランスが絶妙で、なによりデザイナーのこういうものが作りたいっていうイメージが伝わる商品です。
ぼくはどうなんだろうって改めて考えさせられました。

あんまり本音でなんでも書いてしまうと、自分の洋服のカリスマ性(もしあれば・・)が下がってしまう気がしまいますね。

5月ぐらいから色々試行錯誤して新しい取り組みをしています。
具体的に形になってきたらDMやネットでも告知します。

4月から消えてたホームページはリニューアルしています。8月中にはなんとかできそうです。

それまではブログで色々UPします。

時々こういう風に個人的な感じで肩肘はらずに書きますので、今後ともよろしくお願いいたします。

                                                  明石 悟郎


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。