スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
錬金術    10/31/2008
錬金術
錬金術(れんきんじゅつ、Alchemy)とは、最も狭義には、化学的手段を用いて卑金属から貴金属(特に金)を精錬しようとする試みのこと。

広義では、金属に限らず様々な物質や、人間の肉体や魂をも対象として、それらをより完全な存在に錬成する試みを指す。錬金術の発達の過程で、硫酸・硝酸・塩酸など、現在の化学薬品の発見が多くなされ、その成果は現在の化学 (Chemistry) にも引き継がれている。歴史学者フランシス・イェイツは16世紀の錬金術が17世紀の自然科学を生み出した、と指摘した。

錬金術です。「鋼の錬金術師」はちょっと内容が違うみたいです。
ぼくがアルケミストという言葉を知ったのは20歳の時です。
デザイン学校に通い、その年頃のみんなと同じように将来に漠然と不安を抱いて何をすればいいのか悩んでいました。
学校帰り、渋谷のパルコブックセンターで時間つぶしをしていて、可愛い装丁の一冊の本が目に留まりました。
それがパウロ=コエーリョ著の「アルケミスト」でした。
なんの予備知識もなく読み進めていったので、シンプルにメッセージを理解することができました。
ぼくの人生を大きく変える出会いでした。
内容は割愛いたします。

時々何かに迷うときに本を開きます。
今は正しい道の上にいるのかどうか考えます。

毎日誰かの貴重な時間共有しています。


ぼくはぼくの作る洋服が好きです。大切にしてもらっているのを見ると嬉しくなります。
どの服にも思い入れがあります。
一枚の布切れが誰かの最高の一着になってほしいと。


錬金術って素敵な言葉ですね。








スポンサーサイト
シャツを作るひと    10/01/2008
シャツを作るひと
そのまんまですが、シャツ職人さんです。社長であり職人さんです。
この業界で知る人ぞ知るk氏の作るシャツは、立体的で実用的な素敵な逸品です。
アルケミストのシャツはk氏にお願いしています。
人目で美しい彼の作品は、本国イタリアの有名マエストロにも注目されています。
良いシャツを着ると、もう普通のシャツは着れなくなります。
もの作りに真摯なk氏の話はとても面白いです。
「ぼくも負けずに真摯に取り組まねば」って背筋が伸びる思いです。
日本のファッション界もまだまだ捨てたもんじゃないなあ。
今回はうんちくはなしです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。